« 今更ながら自分のギターの材質 | トップページ | ギターを抱えつつ、テレビを見る »

また持ってかれたよ…ちくしょう…持ってかれたぁ~

何がって記事のネタです、嫁のマイmixiさんしか分かりませんが、先を越されました。
テーマは曲の拍子、拍の長さ、小節の境目について、です。

耳コピ作業を継続中なのですが、メモしておかないと忘れてしまうので、譜面に落とし込みながらやってます。
(スケールが手に馴染んでれば簡単には忘れないらしいので、まだ馴染んでないんだろうね…。)
嫁に聞かせたところ、音は合ってると思うが、拍の長さが違うよ、全然、とのこと。
むっちゃ自信があったわけでもないけど、そこまで違うとも思ってなかったんだけどなぁ…。

で、まぁ、拍の長さは意見の対立はあるものの、それほど相手の意見を受け入れ難い、ってことはないんですね。
結局、結論出てないところあるんですけど…。(嫁は4分/4分/4分というのだけれど、うち的には5~5.5分/4分/4分ではないかと…いや5分音符なんてないだろうけどさw)
拍子もうちがあんまり理解できてないものだから、対立しなかった。
それに3/4の方が4/4よりしっくりくると、うちも思えたから。

納得できなかったのは小節の境目の発生地点について。
嫁的にはココ!っていうのがあるらしくて、そこで区切れないと気持ち悪いでしょう?と言う。
しかし、そんなにキリの良いところばかりで小節が区切れるもんだろうか?
拍子の設定が適切であれば、小節に収まらない時点で、キーが合わないようなリズムの不快感を感じるのだろうか?
あと、嫁はタイが嫌いらしい、つまり小節をまたぐのが気に入らないらしいのだ。

っていうかさぁ、文章だって結構、間違えるじゃん?
譜面だって誤記ってざらにあるんじゃない?とか思ったりもして。
クラシックとか、長年受け継がれている譜面には全く作者のミスってないんだろうか?
作者が意図したとおりの曲が、完璧に表現されているのだろうか?と思ってみたり。

|

« 今更ながら自分のギターの材質 | トップページ | ギターを抱えつつ、テレビを見る »

ギター」カテゴリの記事

コメント

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2046638.html

ここにあるように、作曲者じゃないと解らなかったり、
この曲はこっちっていえる人もいるって感じなのかな?
拍子は曖昧なところがあるみたいだけど、一小節に
入る音は、いつの時代でも、決まってるんじゃないのかな?
よくわからんけど。
またぐ音でも、一小節に入ってる音符はちゃんと
合ってるんじゃないのだろうか?

やっぱりうちには経験値が足りないね。
この曲のここはこうなって、こう弾くとか
いえたらいいのにな~。sad

投稿: いずみ | 2008年3月10日 (月) 12時54分

フェルマーたがついてて
一音だけ、音をわざと長くしているっていう
可能性もあるょ。まぁ実際聞いてみないと
わかんないけどw

でも、こういうことに、よく気がついて
すごいなぁと、感心してしまいました。

投稿: ねね | 2008年3月14日 (金) 15時47分

おぉ、感心されとるのか?うちってば。
素でちょっと嬉しかったぞ、てやんでぇ。happy02

今更ながら、フェルマータの意味を確認…。
適当に長かったり、短かったり…?
そんなの言い出したら楽譜なんか分からないよぉ…はっきりしてちょーだい!と思いました、ハイ。

投稿: ゆっか | 2008年3月17日 (月) 12時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今更ながら自分のギターの材質 | トップページ | ギターを抱えつつ、テレビを見る »